廃棄物資源には、多くの未利用資源が埋もれてる

2024年 6月 22日 (土曜日) 06:04


天ぷら廃油からジェット燃料が出来たり、BDF燃料が出来る、有機物を低温磁気分解すれば炭化物が出来る、それらの品を、田畑に使えば土壌が活性されてカーボンクレジット創出につながる。食品廃棄物をメタン発酵処理すればメタンガスを得られて発電が出来て 液肥を創出できるCODBOD濃度が高い有機水を
活性酸素分解すれば低濃度に変異させることが出来ます。
気候変動対策に貢献する二酸化炭素削減方法論が数多出来ています。

廃プラ推進活動

2024年 6月 10日 (月曜日) 06:27

廃プラ利活用として実証実験してる

再エネルギーとして期待出来る風力発電事業

2024年 6月 5日 (水曜日) 16:54


東京大学災害対策サミット白浜椿(つばき)は、気候変動対策に寄与できる温泉地熱発電も計画してます。

スポーツ振興+気候変動対策

2024年 5月 25日 (土曜日) 06:07


気候変動対策の方法論として カーボンクレジットを組み込んだスポーツイベントは観客が増えれば並行してカーボンクレジット数値が連動する方法論が当たり前になる時代です。

気候変動対策二酸化炭素削減が健康被害をなくす

2024年 5月 8日 (水曜日) 14:04


気候変動は健康被害に結びつくので健康生活には(二酸化炭素削減)として意識した行動が必要ですね。

気候変動対策は着実に進んでいる。

2024年 4月 23日 (火曜日) 15:20


和歌山県地域産業(梅干し加工事業)での気候変動対策二酸化炭素削減は、 写真にあるように調味廃液(味付け有機物)が年間2万トン発生します。が、この事業社は(メタン発酵バイオマス発電)事業の原料として中間リサイクルされています。画期的な事業です。CODBOD数値が大きな壁ですが、地下水希釈させ微生物活発を活性する管理をされています。

CO2吸収量の取引現状

2024年 4月 2日 (火曜日) 15:02


電力削減、化石燃料削減から得られる 二酸化炭素削減減数値(気候変動対策)は重要な取り組みになりました。

太陽光発電事業はモラルある事業社が実施するべきで

2024年 3月 27日 (水曜日) 20:34


太陽光発電システムの問題は、地域住民自然との共生を重視しない者が利を重んじて資金を投じたことであります。
(アンソングヒーロー)歌を歌わない英雄!
が、現れてくれることを念じます。
太陽光発電は二次災害も招きますから。いち早い対応が必要です。

洋上風力に期待する

2024年 3月 18日 (月曜日) 21:47


和歌山県沖合は洋上風力に最適な環境です。恐れている東南海震災津波にも十分に耐えられる世界的な技術数多あります。SEP船舶も大規模クラスで揃っています。楽しみです。

小さなエコ取り組み

2024年 2月 17日 (土曜日) 22:01


ホテル病院でよく見る、テレビカードの回収取り組みは、SDGsとして最適です。気候変動対策二酸化炭素削減として、汽水エリアに南国のマングローブ植樹を実証実験検討しています。
温暖化が各地の旬である農産物の栽培エリアを北上させています。から マングローブ植樹が盛んになると思います・