洋上風力推移

2021年 7月 24日 (土曜日) 19:59


洋上風力基礎部分活用は磯枯れ防止(藻場育生)と連携できる地球温暖化防止二酸化炭素削減効果に繋がります。

備長炭を活かす環境価値創造

2021年 7月 14日 (水曜日) 11:37


環境価値創造事業が脚光浴びています。究極のECOシステム木質(木炭エネルギー)を見直す事で地方活性化に繋がります。人工林(杉 ヒノキ)山を備長炭原木(馬目樫)を植林すれば二酸化炭素吸収森林+伐採木質(備長炭)化石燃料代替えとして地球温暖化に寄与出来ます。

食品ロスを削減する

2021年 7月 11日 (日曜日) 19:46


食品廃棄物(食品ロス)を削減する事で新たなECOビジネスチャンスが生まれます。

エコアクションポイント推移啓発イベント

2021年 7月 5日 (月曜日) 10:50


和歌山環境エコアクションポイント協会のキャラクターデザイン(エコ仮面Tシャツ)を和歌山県南紀白浜(白良浜)アート展に参加します。環境省より環境大臣大賞を頂くエコ仮面)が 青空と白砂に輝います。

災害時の災害がれき問題

2021年 7月 1日 (木曜日) 19:36


避難地区に移動可能な有機物分解機器が備われば問題解決できます。使用済紙おむつ処理も災害時の課題です。エコアクションポイント認証予定セラミックス製造有機物処理機(磁気分解)アースキューブは災害時の強い味方です。

環境ロードマップ自治体事業支援交付金

2021年 6月 24日 (木曜日) 20:57


環境省発行環境ロードマップにはポイント活用ガイドライン項目が明確に反映されています。エコアクションポイントシステムを活用すれば直ぐに実証できる環境取り組みは可能です。交付金を使って魅力ある自治体が今後全国で生まれてきます。とても楽しみです。

世界に約束する日本の環境姿勢

2021年 6月 21日 (月曜日) 15:16


環境取り組み技術は何時も斬新な発想豊富な中小企業経営者の知恵から生まれます。この度、株式会社サステイナブルテクノロジー企業様が開発された(有機物磁気分解機器)をエコアクションポイント認証申請する流れになりました。CO2排出削減根拠をまとめている段階です。 ナノバブル発生装置機能が重要なポイントだと話されていますので、株式会社富士計器様を紹介します。コラボレーションシステムは→的確な情報をもとに適任企業をマッチングさせるのも和歌山環境エコアクションポイント協会の役目です。

水素の時代

2021年 6月 16日 (水曜日) 21:05


化石燃料から水素の時代に移り変わるスピードが加速します。地球温暖化ガス削減合言葉はとても真実味おびてきました。恐らく環境取り組みを自社の強みに反映できない中小企業は淘汰されます。

藻類の養殖に追い風

2021年 6月 8日 (火曜日) 16:44


陸上での藻類養殖には追い風です。藻類から有用成分を抽出した残渣がCO2排出削減効果飼料に循環できれば最適です。

山間の雨量を活かす再生可能エネルギー水力発電

2021年 6月 6日 (日曜日) 19:27


山林を有する雨量が豊富な自治体エリアには、水力発電事業が可能になります。小水力発電事業は、今後技術的に大きく躍進すると思います。問題は 系統連系整備ですが地中埋設方法論で可能です。