小さなエコ取り組み

2024年 2月 17日 (土曜日) 22:01


ホテル病院でよく見る、テレビカードの回収取り組みは、SDGsとして最適です。気候変動対策二酸化炭素削減として、汽水エリアに南国のマングローブ植樹を実証実験検討しています。
温暖化が各地の旬である農産物の栽培エリアを北上させています。から マングローブ植樹が盛んになると思います・

運気気運とはそのように考えてしまいます。

2024年 1月 27日 (土曜日) 20:24


能登半島地震での被災者の皆様の現況を知る中で、運を考えてしまします。 気候変動対策二酸化炭素削減が、運気を良き方向に向かってくれることを切に願います。

新年あけましておめでとうございます

2024年 1月 2日 (火曜日) 19:17

骨切りハモブルーカーボンわかめ栽培契約
気候変動対策として漁協の取り組み(ブルーカーボン)(天ぷら廃油リサイクル船舶燃料)を実施する。阪南市尾崎漁協様は
全国の漁協が参照に出来る実際の取り組みがあります。六次化事業を成功させています。
本年は、尾崎漁協様との連携を密にしてまいります。
大連海洋大学様の視察先に、推薦いたしました。

凄い廃棄物排出の大きな日本ですね。

2023年 12月 21日 (木曜日) 23:02


やはり個々が変化しなければなりませんね。(意識革命)
傍観者的な自治体、大手企業は、しっぺ返しがきます。早く身近な取り組みをお金をかけて実施してください。

化石燃料は悪物?

2023年 12月 8日 (金曜日) 21:19


化石燃料自体は決して悪者ではありません。使用する利活用する我々人間世界には 無くてならない物です。人間世界が脱欲望に転じれば、化石燃料は、きちんと自然世界に迷惑ならない様に協力してくれます。欲得排除は気候変動対策の一番最初の行動でなくては駄目ですね。和歌山環境エコアクションポイント協会も。再度心に問いかけ、まともな道を開拓致します。

気候変動対策危機の打開

2023年 12月 6日 (水曜日) 21:11


世界が本気にならなければ、この地球は終わります。自然に逆らい勝った歴史はありません。今こそ知恵と勇気を結集して戦争の打開と気候変動対策に真剣な信条ある政治が必要です。

気候変動対策はまだ、まだ、出来る事が多く残っている

2023年 11月 28日 (火曜日) 20:03


緑化を研究する 弊協会員企業は、この度園芸用品庭園用品を全国展開する企業と提携する運びになりました。
常緑キリンソウ座布団方式(画期的な施工)環境貢献として解禁された副業にも最適です。

子供たちに魅力ある仕掛けで、楽しく学ぶ方法論

2023年 11月 21日 (火曜日) 21:20

kodo
二酸化炭素削減数値見える化は実際の環境破壊現場を認識するにとても大切な方法です。二酸化炭素削減(環境クレジット)も、名称だけでは本意が伝わりにくいので、取引プラットホームが全国にあればよいと思っています。(一例 カーボンクレジットの窓口)FC制度もビジネスに創出に繋がります。CDP→国際環境NGOが(排出削減に向けた戦略取り組み 第三者評価でも認知される・

身近な素材活用にSDGs取り組みのヒントがある

2023年 11月 13日 (月曜日) 20:02


ホタテの貝殻や粉末品、竹の細工品、木質品、まだ、まだ、有効に利活用できる素材は沢山あります。全国各地に埋もれる再資源(未利用)品を探し出すのもエコアクションポイント協会の役割です。海外(青島)からエビの殻粉末の再利用先を探す依頼が来ています、

洋上風力が再生エネルギーとして最も効率が良い

2023年 11月 5日 (日曜日) 19:11


全国で計画が進んでいる洋上風力発電を紀伊半島沖合紀伊水道
エリアで推進して参ります。山間部では小水力発電を推進させます。