Archive for the ‘新着情報’ Category

家庭が頑張るエコ貢献

2018年 10月 16日 (火曜日) 15:10


エコアクションポイント事業の基本 一般家庭から CO2排出削減に行動する 方々に メリットを提供する、
ポイント付与システムが 再度 脚光浴びる時代に入りました。

三条畳  代表がテレビ出演  ECO畳イグサ使用事例放送

2018年 10月 9日 (火曜日) 17:29


エコアクションポイント協会会員、三条畳(辻野代表)がテレビに出演されました。
素晴らしいですね。

環境取り組み

2018年 10月 3日 (水曜日) 16:31

怖い海の汚染

2018年 10月 2日 (火曜日) 17:51


魚の住処を汚染させる事は、人類の誕生故郷を破壊する事になります。
必然的に人類を冒涜するのが 人間社会となり破滅します。
愚かな生き物ですね。

災害に強い強靭な山郷を助けるシステム

2018年 9月 27日 (木曜日) 17:30


昔に利用されたポケベルが 里山の災害を防ぎます。
情報が遮断される スマートホンに代わり 緊急性情報を通知する
このシステムを 和歌山エコアクションポイント協会は推進します。

新技術が環境問題を解決する

2018年 9月 21日 (金曜日) 13:21


紙おむつ(使用済)リサイクルは 必要不可欠です。既存のシステムでは地方自治体の償却プラントが劣化する恐れがあります。
また
回収時(燃えるゴミ)として パッカー車に積み込みする時に、破砕して
病原菌が漏れる事も考えられます。
亜臨界水反応資源再生装置 (Mリサイクルマシーン)は
これらの問題解決に寄与できると感じています。

http://g8inter.co.jp/

地球温暖化は自然生態系を破壊する

2018年 9月 19日 (水曜日) 17:00


ウミガメの産卵で有名な砂浜が、高波高潮で被害を受けました。
約10か所に産卵場所が確認されていましたが、
全て ダメになったようです・
親カメが、涙を出して 産み落とす姿と産卵後に 海に帰る 姿を
見ていますから、心が痛いです。
早く 安心して産卵できる浜に戻るよう エコアクションポイント協会も頑張ります。

廃棄資源活用には多種の方法論があります。

2018年 9月 12日 (水曜日) 12:45


和歌山環境エコアクションポイント協会は、エコキャップ回収地域本部として活動推進します。  地元社会福祉組織+NPO法人と連携

民間主導 道の駅構想

2018年 9月 6日 (木曜日) 17:07


民間主導の道の駅を計画しています。和歌山環境エコアクションポイント協会会員企業の連携です。
固定観念を払拭する、観光旅行者と地域住民が楽しく交流できる
全国モデルになるるような実績を作ります。
当然、ECOに貢献できる施設を考えています。

梅の効果

2018年 8月 8日 (水曜日) 12:32


本格的な  夏バテ対策に 最適な品々ですね。